注文住宅の材料について。

鯉渕大輔著の注文住宅

鯉渕大輔の注文住宅解説サイト

鯉渕大輔の注文住宅解説サイトへようこそ!

当サイト管理人の私、鯉渕大輔が注文住宅の良しあしについてご紹介します。フリーライターとしてインターネット全体をメディアとして活躍中です。今回このサイトでは注文住宅についてあれこれ紹介させていただきます。

さて注文住宅のメリットとはなんでしょうか?

注文住宅のメリットは、自由な設計で家を建てることができることです。法律や構造上の耐久性などの問題がありますから、全てが自由であるとは言えませんが、建売住宅と比べれば、自分の好きなように家を設計できると考えて良いでしょう。

設計できる親戚や友人などがいれば、設計料が抑えられるのでとても安く家を建てられることもあります。独自のルートで資材などを仕入れれば格安に上がる場合もありますし、費用のかからない家を設計することも可能です。

例えば、超極小住宅を設計したりすることも可能です。他にも、暖炉のある家を設計したり、収納スペースの充実した住宅を設計するなど、かなり個性的な設計も可能となります。人とは違った家に住みたい人や、独特のこだわりがある人は絶対に注文住宅にしたほうがいいでしょう。

全てがオーダーメイドになりますから、まずはどのような家を建てたいのかをはっきりとすることが大切です。うまく自分たちのニーズを伝えられなければ、注文住宅にする意味がなくなってしまうからです。なるべく具体的ではっきりと建築設計士にはニーズを使えることが、注文住宅にする意味を大きくしてくれます。拘りは設計のような希望条件だけではなく、資金のような制限条件についてもはっきりさせておきましょう。

建売住宅のメリット

管理人の鯉渕大輔です。当サイトは注文住宅の情報サイトですが、一方で建売住宅というものがあります。
今回は建売住宅のメリットをご紹介します。

「建売住宅」の隠れたメリットと言えば、最近では「選び疲れ」をしないことがあげられるでしょう。「選び疲れ」とは、「注文住宅」によるある現象なのですが、あまりにも自分で決めなくてはいけないことが多過ぎて疲れてしまう…といった現象のことです。すべてを自分の好みに決めることができる「注文住宅」は、水回り設備や床材にしても、メーカーが限定されていなかったりなど、好きなものを入れられるメリットがあるのですが、しかしながら、あまりにも選択範囲が広すぎると、人間はかえって迷うものです。ですから、ある程度の選択肢を提示してもらえる方が、気持ちの上で非常に楽だという人も少なくはありませんよね。なおかつ「注文住宅」の場合は、選択肢の提示すらも自分でおこなわなくてはならないことも多く、どれがいいのか探すことにも結構な時間を要します。ですから、とくに強いこだわりのない場合は、「建売住宅」にて、ある程度の選択肢から選ぶという人も少なくはありませんよね。それに今では、「建売住宅」にしても、ずいぶんと施主の要望を聞いてくれるなど、柔軟に対応してくれるようになりましたから、「建売住宅」を選ぶ人もグンと増えているのです。

建売住宅のデメリット

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。管理人の鯉渕大輔です。今回は建売住宅のデメリットについて学んでいきましょう

 家を買う時には、まず建売住宅にするのか、それとも注文住宅にするのかを決めなければいけません。双方に良い点と悪い点があるわけですが、建売住宅と注文住宅のそれぞれのメリットとデメリットを並べた上で、自分にとってどうしても受け入れることのできないデメリットを整理し、その数が少ない方に決定するというのが、合理的で後悔のない決定方法の1つです。以下に、建売住宅のデメリットを、後々問題になりそうなものから順に挙げていきます。
1.自分で間取りを自由に決められません。
2.建築前の土地の状況を自分の目で確認できません。つまり、盛り土(もりど)や切り土(きりど)の様子、水はけなどを事前に自らの目で確認しておくことができません。ただし、整地や建築が始まる前にその土地を見つけていた場合は別です。
3.建築工法(木造在来工法や2×4など)を自分で決められません。
4.建築材料(床材や外壁など)を自分で決められません。
5.建築行程や作業の様子を自分でチェックすることができません。
 特に1番の間取りでは、建売住宅の場合、どうしても万人受けのする無難な間取りになりがちですから、縁側が欲しいとかアーチ式階段にしたいとかいう個人のこだわりは捨てなければいけません。また2番では、問題のある土地の場合、その問題が上手に隠されてしまう危険性があります。4番の建築材料も希望のランクより安物が使われていることがあり、妥協を要します。

一方、注文住宅を建てるメリットとして実利的な部分は色々あると思いますが、なんだかんだで一番は家族の絆になることではないで しょうか?だからこそのサービスを最後にご紹介したいのですが、それは自分で家を建てるというサービスです。もちろん一から十ま でをやるわけではありません。工事の要所要所においてちょっとだけお手伝いをする絆の家づくりを提供してる工務店が「きずきホー ム」こと丸岡建興さんです。横浜の注文住宅業者ですが、このサービス結構評判らしいですよ。

注文住宅のデメリット

いつもご来訪ありがとうございます。管理人の鯉渕大輔です。本日は念のため注文住宅のデメリットについても確認しましょう。

現在新築の個人住宅では、注文住宅の割合が多くなっていますが、注文住宅のメリットは建て主の注文に沿って設計した住宅を建てることが出来るのが最大のメリットと言えます。実際に家を建てるとなると、地質、建築規制、材料、金額などで制限がありますので、建て主の要望を完璧に満たす事は難しいのですが、打ち合わせを重ねることで、建て主と立てる側との信頼関係に基づいて設計して行くことが出来るのは、大変良いことです。一方、デメリットがないという訳でもありません。それは、打ち合わせに時間がかかる、部品や材料を見にショールームや展示会場に言って検討する、細かい仕様や設備の説明を聞いて使用材料や設備を決定するなど、建て売り住宅に比べて圧倒的に時間がかかります。また、完全オーダーメイドですので、材料の大量仕入れによるコストダウンはまず見込めません。よって、建築費用が割高となります。また、システム化された建築工程にはなりませんので、建物の建築期間(工期といいます)が建て売り住宅やハウスメーカーの住宅よりも長くかかります。ですから、引越しまでの期間が通常よりかかるものとして考えておく事が大切です。ましてや、同じ敷地の家の建て替えとなると、仮住まいの場所の費用が、建物解体から新築建物完成までかかりますので、この面でもデメリットがあります。

建売・注文住宅ともにメリットやデメリットが存在します。そのうえで皆様には注文住宅を選んでもらえればと思います。